忍者ブログ

天地真理郎(あまちまりお)の「このろくでもない素晴らしき世界で、心動かさずに死ねるかっ!- I can't die, before impressing in this worthless wonderful world.」

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > 【感じたい言霊】 > 【感じたい言霊】最上のわざ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【感じたい言霊】最上のわざ

この世の最上のわざは何?

楽しい心で年をとり、働きたいけれども休み、喋りたいけれども黙り、失望しそうな時に希望し、従順に、平静に、己の十字架を担う。

若者が元気いっぱいで神の道を歩むのを見ても、妬まず、人のために働くよりも、謙虚に人の世話になり、弱って、もはや人のために役だたずとも、親切で柔和であること。

老いの重荷は神の賜物、古びた心に、これで最後の磨きをかける。

誠の故郷へ行くために。

己をこの世に繋ぐ鎖を少しずつ外ずしていくのは、真にえらい仕事。

こうして何も出来なくなれば、それを謙虚に承諾するのだ。

神は最後にいちばん良い仕事を残してくださる。

それは祈りだ。

手は何も出来ない。

けれども最後まで合掌できる。

愛するすべての人の上に、神の恵みを求めるために。

全てをなし終えたら、臨終の床に神の声を聞くだろう。

「来よ、わが友よ、われなんじを見捨てじ。」と。


M
PR

Comment0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP